続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ。そろそろ15周年。

佐貫→龍ケ崎市

今年3月14日のダイヤ改正で常磐線・佐貫駅は龍ケ崎市駅に改称されました。所在地が龍ヶ崎市佐貫町という場所にあったため、長年「佐貫」を名乗っていました。 駅名改称を知らせるボード 2020/2/11 この改称は地元の茨城県龍ヶ崎市がJR東日本に要望して実現…

英語表記の指定料金券

特急列車で札幌から旭川へ向かっていた時のことです。旭山動物園へ行く外国人観光客で指定席はほとんど埋まっていました。彼らの座席のチケットホルダーに見慣れないきっぷが刺さってるのに気づきました。 札幌~旭川の特急自由席往復と旭山動物園のアクセス…

国会議員のきっぷ

国会議員は議員活動のためJRの無料パス(鉄道乗車証)が支給され、運賃や特急料金・グリーン料金が無料になるのは有名な話だと思います。これは「国会議員の歳費、旅費及び手当等に関する法律」という法律に定められています。この費用は税金からJRグル…

指定席券売機での学割発券

学割(学生割引)は中学生以上の学生がJR線を通算201Km以上の区間を利用した場合に、運賃が2割引になります。片道601Km以上を往復する場合は往復割引との重複適用も可能です。 学割のきっぷを購入するためには、学校で「学校学生生徒旅客運賃割引証」とい…

はるか立席特急券

関空特急「はるか」は1994(平成6)年9月4日の関西国際空港の開港のタイミングに運転を開始しました。当初は京都発着と新大阪発着が混在していましたが、後に京都発着に統一されています(その後、草津・米原発着が登場)。 このきっぷは「はるか」の立席特…

わたらせ渓谷鉄道応援

わたらせ渓谷鉄道がYahoo!ショッピングに出店しています。鉄道会社が自社HPの一角で物販を行う例は珍しくありませんが、出店手数料がかかる(と思われる)大手のショッピングサイトに出店するのは珍しいです。 キーホルダーやクリアファイルといったありがち…

石狩月形

札沼線・北海道医療大学~新十津川間は今日5月6日で運行終了する予定でしたが、新型コロナウィルスの影響で4月17日に前倒して終了しています。 石狩月形駅で発車を待つ浦臼行き列車 2020/1/26 私は4月と5月に当地へ行く予定でしたが、こういう状況下では取り…

梨っ子フリーきっぷ

急行「ゆるキャン△梨っ子」号が運転された2月1日~9日の間にいわゆる「聖地巡礼」やイベント会場への行き来に便利なよう「ゆるキャン△梨っ子1日フリーきっぷ」(以下「梨っ子フリーきっぷ」)というきっぷが発売されました。フリー区間は以下のとおりでした…

ゆるキャン△梨っ子

ゆるキャン△梨っ子 ◆種別:急行 ◆区間:静岡~甲府 今年2月1・2・8・9日の4日間、山梨県や身延線沿線自治体が行うイベントに合わせて、静岡~甲府間で急行「ゆるキャン△梨っ子」号という列車が運転されました。 ん?ゆるキャン...どこかで聞いたぞ?? と思…

浪江駅無人化

常磐線・浪江駅は福島県浪江町にある駅です。東日本大震災に伴う福島第一原発事故で原発から半径20Km以内が警戒区域に指定されたことにより、一時期町の大部分が立ち入り禁止となっていました。 浪江駅 2020/3/14 2017(平成29)年3月に町の山間部を除き避難…

城戸南蔵院

篠栗線(福北ゆたか線)・城戸南蔵院駅は福岡県篠栗町にある駅です。篠栗町は福岡市のベッドタウンとして発展し近年人口が増えてますが、ここは山あいの小さな駅で少なくともベッドタウン的な雰囲気はありません。 城戸南蔵院駅全景 2017/11/2 もともとは城…

道南いさりび鉄道本社

道南いさりび鉄道の本社は函館駅から線路沿いを五稜郭方面に5分ほど歩いた場所にあります。JR北海道から譲渡されたと思われる2階建ての地味な建物で、鉄道の現業部門という雰囲気を醸し出しています。 道南いさりび鉄道本社 2019/9/22 本社では乗車券や回…

渋谷縛り

昔からゴチャゴチャした渋谷の汚くて猥雑な雰囲気がどうも苦手で、就職して首都圏に住むようになってからも、極力近づきませんでした。 最初の職場の退職時の有休消化期間中に、職場が池袋から東京メトロ銀座線の外苑前に移転しました。当時は埼京線沿線に住…

JR西日本の2枚きっぷ

「2枚きっぷ」と言えばJR九州の専売特許のようなきっぷですが、実は一部区間については九州内のJR西日本の駅でも発売しています。 博多・福岡市内発着の「2枚きっぷ」および「九州新幹線2枚きっぷ」「九州新幹線日帰り2枚きっぷ」については博多・博多南…

仙台ひたち復活

ひたち3号 ◆種別:特急 ◆区間:上野~仙台 今年3月14日のダイヤ改正で常磐線・富岡~浪江間が復旧し、2011(平成23)年の東日本大震災に伴う福島第一原発の事故で不通になっていた常磐線が全線で運転を再開しました。あの原発事故を見たときは私が生きている…

阿佐海岸鉄道→JR連絡硬券

今年の正月に久々に阿佐海岸鉄道に乗ってきました。直近で訪れたのは6年前に宍喰駅の券売機がなくなる直前のことでした。 今回は正月で「青春18きっぷ」が使える期間だったので、ソコソコ客はいました。と言っても一列車で旅行客っぽい人が7~8人程度いたぐ…

きっぷをなくした時~例外編~

昨年12月4日の昼のこと。嫁が同僚で同郷出身のヤマダ(仮名・30代男性・私とは面識なし)から1月4日に帰省先の福岡から東京へ戻る際の交通手段について相談を受けました。帰りの航空券を買い忘れて、気づいた時には運賃がかなり高くなっていたそうです。 嫁…

サツイン

寝台特急「サンライズ瀬戸・出雲」のB寝台には1人用個室のシングルとソロ、1人でも2人でも利用できる個室のシングルツイン、2人用個室のサンライズツインの4種類あります。1編成(7両編成)あたりの部屋数はシングルが80室、ソロが20室、シングルツインが8室…

札比内

札沼線・札比内駅は北海道月形町にあります。5月6日で廃止になる区間にある唯一の簡易委託駅です。1935(昭和10)年開業で古めかしい小さな駅舎が建っています。開業当初の駅舎かもしれませんが、駅舎左手に土台だけ残っていて減築された痕跡があります。 札…

まほろば2019

まほろば ◆種別:特急 ◆区間:新大阪~奈良 2010(平成22)年4月~6月に開催された「奈良デスティネーションキャンペーン」の際に、期間中の土日に新大阪~奈良間で臨時特急「まほろば」が運転されました。この時は日根野電車区の381系の運転で、梅田貨物線…

会津鉄道連絡券小変化

昨年、久しぶりにJR→会津鉄道連絡券を購入しました。久しぶりに手にして「あれ???」と感じました。 10年前に利用していた会津若松連絡券です。金額入力で120mm券となっています。手間のかかる金額入力とはいえ、ソコソコよく発券されていたようでワンタ…

区間変更券の値下がり

過去に何度か取り上げている博多~小倉間の区間変更券ネタですが、また変化がありました。とりあえず過去ネタは以下をご参照ください。 おさらいになりますが、この区間変更券は新幹線経由の博多~小倉間の乗車券を在来線経由に変更する際に発行されます。在…

伊豆クレイル

伊豆クレイル ◆種別:快速 ◆区間:小田原~伊豆急下田 快速「伊豆クレイル」は余剰となっていた651系の付属編成を改造したリゾート列車です。2016(平成28)年7月から土休日を中心に小田原~伊豆急下田間で運転開始しました。 伊豆クレイル1号:伊豆急線・河…

東海道新幹線のチケッター

東海道新幹線の車掌が使用するチケッターのデザインが今年2月から変わったようです。 旧チケッター 新チケッター 見てのとおりです。大きさはほぼ同じに見えます。このように文字だけのものからN700系っぽい車両がデザインされた絵柄入りのものが登場しまし…

一日散歩きっぷ小変化

毎年4月~11月の土休日に発売される道央圏の「一日散歩きっぷ」ですが、2018年から2019年にかけて小変化がありました。 2018年版 2019年版 違いが分かるでしょうか?2019年版から新夕張から分岐する石勝線夕張支線がなくなっています。夕張支線はご存知の通…

ノビノビ座席のe5489対応

昨年10月1日予約分より、e5489で特急「サンライズ瀬戸・出雲」のノビノビ座席の予約ができるようになりました。今まで駅や旅行会社の窓口で買うしかありませんでしたが、ようやくネット対応してくれました。 見逃せないのが、その旨が発表されたJR西日本の…

2020

今年1月1日~3日の3日間限定で、JR四国全線の特急列車自由席が1日利用できる「お正月四国堪能きっぷ」が発売されました。これだけでは別になんでもないんですが、驚きだったのは2020年にちなんで1日2,020円というとんでもない価格でした。 JR四国やりや…

しなの鉄道車内補充券

しなの鉄道は車掌の精算業務用にレシート券が発券される車発機を使用していました。ところが、2015(平成27)年3月の北しなの線開業を機に使用を取り止めて紙の補充券に移行(逆行?)しました。 こういった新線開業や運賃値上げの際には車発機のデータを更…

ありえへん?乗車券

一見、普通の乗車券ですが勘のいい方はおかしなことに気づいたかもしれません。 発駅の山陰(嵯峨野)線・梅小路京都西駅は昨年3月16日に開業しました。また、着駅の片町(学研都市)線・東寝屋川駅は同じく3月16日に寝屋川公園駅に改称しました。なので、3…

総販システム機能縮小

昨年10月から消費税が8%から10%に上がり、JRグループをはじめとする鉄道会社の運賃・料金も値上がりしました。その中でJR北海道については増税分の転嫁に加え、赤字分の補填のための値上げも行いました。初乗り乗車券と入場券は170円から200円と30円の…